苦情相談窓口


苦情解決の方法

  1. 苦情の受付

    苦情は、面接・電話・書面などにより苦情受付担当者が随時受付けます。なお、第三者委員に直接申出ることもできます。

  2. 苦情受付の報告と確認

    苦情受付担当者が受付けた苦情を苦情解決責任者と※第三者委員(苦情申出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。第三者委員は苦情内容を確認し、苦情申出人に対して、報告を受けた旨を通知します。

  3. 苦情解決のための話し合い

    苦情解決責任者は苦情申出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際、苦情申出人は、第三者委員の助言や立会いを求めることができます。
    なお、第三者委員の立会いによる話し合いは、次により行います。

    1. 第三者委員による苦情内容の確認
    2. 第三者委員による解決案の調整、助言
    3. 話し合いの結果や改善事項等の確認
※第三者委員
第三者委員は苦情を苦情受付担当者から受け、日常的な状況把握と意見傾聴を行います。また、苦情に対する意見を苦情受付担当者や苦情解決責任者に通知、助言を行います。